お金持ちは長財布がいいならば会社経営者も長財布がいいのか

世のお金持ちは長財布を使っていると言います。

では、会社経営者も長財布を使った方が良いのでしょうか?

その理由も含めてお知らせします。

 

サムライコンサル塾

 

結論からお知らせすると、個人的には会社経営者は長財布を使った方がいいと思います。

 

しかも、金運を呼ぶと言われている「黄色の財布」の物は更に良いと言えます。

金運を呼ぶ黄色い財布

それはなぜか!?

 

どんな財布がいいのか

どんな素材がいいのか

よく聞く話では、「持っている財布の200倍がその人の年収」などと言われています。

年収1000万円の人は5万円位のくらいの財布を使っていると言うのです。

 

じゃあ、年収1000万円になりたいので、1万円の財布をやめて、5万円の財布を買い換えたらいいのかと言うと、そうではありません。

分不相応なお金の使い方をする方はお金持ちにはなれないのです。

価格は手ごろで、以下の条件にあったものがいいと思います。

 

財布に入れているもの

財布に入れるのはもちろんお金です。

お札と硬化を両方入れます。

クレジットカードも入れます。

ただ、領収書やレシートは一切要れません。

100円ショップでもいいので、別に入れ物を準備して、領収書などはそちらに入れて保管して下さい。

 

お財布は薄い方が良いです。

財布は薄い方がいい

お札は数万円あれば十分です。

何十万円も入れる必要はありません。

ご自身で管理できる額を入れます。

 

小銭はある程度までの量にしましょう。

あまり多いと財布が不自然に膨れてしまいます。

 

ポイントカードも極力入れないようにしましょう。

ポイントカードはお得な反面、本来ほしくなかったものを買わせてしまう効果があります。

よく使うもの以外は別にいれて管理しましょう。

 

重要な点は、入っているお金の額をご自身で把握していると言うことです。

 

 

会社経営者は長財布を持った方が良い理由

私としては、財布が長財布であろうと黄色の財布であろうと、それ単体でお金を呼ぶとは思っていません。

 

ただ、お札の量を管理し、小銭の量を管理し、薄くスタイリッシュに財布をキープしている状態を人が見たら、「この人お金をちゃんとコントロールしているな」「お金に気を使って、管理できているな」と思うはずです。

 

 

これは統計学や迷信的なものではなく、人に与える印象を意識した、心理学だと言えます。

スーツや靴に気を使うように、財布にも気を使うことで相手に与える印象が変わると思っています。

 

しかも、普段見せない財布にまで気を使っている場合、本物と思われるのではないでしょうか。

サムライコンサル塾

コメントを残す