いまさら聞けない!会社経営者の職業欄の書き方

会社経営者のあなた!

何かの書類を書くとき、「職業」の欄に何と書いていますか?

「会社役員」?「経営者」?「自営業者」?

考えてみました。

 

サムライコンサル塾

 

会社経営者は職業欄に何と書くか

生活の中で職業欄に肩書きを記載する機会は多いものです。

しかし、会社経営者はここになんと記載すれば良いのでしょう?

「会社員」や「学生」と違い、身近に例になる人がなかなかいないため意外と迷う方も多いこの疑問。

書き方をお伝えします。

会社経営と雑誌
基本的に書き方に指定が無い場合は「会社役員」と書いておけば問題ありません。

たとえば「会社員」で考えてみましょう。

部長職についているからと言って、「部長」と書くのは変な感じがします。

通常は課長であっても部長であっても、職業欄に書くのは「会社員」ですね。

同じように、会社経営者も役職名は書きません。

代表取締役社長も、他の専務取締役や監査役と同じように「会社役員」と書くのが一般的です。

 

 

選択式の場合

中には書き込み式ではなく選択式になっている書類もあります。

「会社経営」と「会社役員」という少し紛らわしい選択肢に分かれている場合もあります。

わざわざ「会社経営」の項目が設けてあります。

 

これも少し戸惑うかもしれませんが、代表取締役は「会社経営」が正解です。

「会社経営」は代表取締役、「会社役員」はそれ以外の専務取締役や理事、このように考えると良いでしょう。

会社経営者の仕事
社員が数人しかいなかったり、一人だけで経営している会社も世の中には多いものです。

このような会社を経営している場合はどうなるでしょう。

「自営業」と書くべきか迷う方が多いようです。

 

この場合は法人化されているかどうかが基準になります。

一人で経営している会社でも法人化されている場合は「会社役員」です。

法人化されていない個人事業主の場合は「自営業」もしくは「個人事業主」と書くべきでしょう。

 

合同会社

また、合同会社の場合は代表は取締役ではなく代表社員になります。

これも迷いどころです。

「会社役員」にすべきか「会社員」にすべきか。

 

法律上、合同会社の代表は「社員」という扱いになっています。

しかし、代表社員といえど会社の代表です。

その性質上、「会社員」よりは「会社役員」と記入する方が一般的といえるでしょう。
契約書類やアンケート、子どもの学校の書類など、職業欄を書く機会は多いものです。

書類によっては記入例が添えられている場合もあります。

しかし主婦や会社員と違い、会社経営者は書き方の参考例がない場合がほとんどです。

特に起業してすぐは自分の肩書きをどう書くか迷うことも多いのではないでしょうか。

経営者の方は迷ったら「会社役員」と書きましょう。

これが最も無難な書き方です。

 

事実と意識では差がある

事実については、お知らせしたとおりです。

気持ちの上では違う場合があります。

 

取引先の人が職業欄を見る事が考えられる場合、「自営業」と書くことがあります。

一般的には「会社経営」とか「社長」とか書くかもしれません。

日本人的な考え「遠慮」が働くことがあるんですね。

 

「このように書いたらイケナイ」と言うのは法律的にはありませんので、「社長」が「会社経営」などと書かなくても問題ありません。

「自営業」と書いても嘘ではないので、問題ありません。

なんとなく、人のイメージですが「会社経営」の方が「自営業」よりも偉そうなので、大手の会社の課長や部長に挨拶する際や、「自営業」とか「自営でやっています」など控えめに言うことは割とよくある話です。

人は嫉妬する生き物です。

 

大手の会社に営業に行って、大きく稼いでいるとか、部長を前に自分が社長と言うと、嫉妬されてしまう可能性があります。

実際には大手企業の部長や課長よりも、中小企業の社長の方が収入が多いことがほとんどです。

ただし、それをひけらかさずに控えめにしているのです。

会社経営者の賢い知恵といえます。

サムライコンサル塾

コメントを残す