いまさら聞けない経営に関する言葉の意味の違い

組織を取りまとめる立場にある呼び方として、例えば社長のような聞き慣れた言葉があります。

それ以外にも、会長や取締役なども聞いたことがあるでしょう。

これらの呼び方はとても似た意味に聞こえますが、実際にはそれぞれ言葉の背景が異なっていたりします。

 

サムライコンサル塾

 

オーナーとは

会社オーナーとは、会社の持ち主です。

会社オーナーとは、その会社で過半数の株券を持つ立場にいる大株主のことです。

 

つまりもっとも多くの議決権を持った人とも言える立場を指しています。

取締役という言葉も取りまとめる立場として耳にすると思いますが、こちらはより実質的な事業経営者を指しています。

オーナーが出資者としての支配を指しているのに対して、彼らから預かった資金で実際に業務を取り決めて行なっていく立場とも言えるでしょう。

会社経営者の仕事

 

役員とは

役員という言葉もありますが、こちらはもう少し従業員としての立場で、業務の執行や監督を担う管理職を意味しています。

なので、頂点に立っている人ではなく、彼らをサポートする数名の中の1人と言える存在になります。

とりあえずビール
そして会長と社長と言う言葉ですが、取締役が法律に明記されている立場であるのに対して、こちらは呼称になります。

言い換えると、社内の取り決めで呼んでいる敬称です。

 

係長の誰さんと言うのと同じで、社長の誰さんと呼ぶに過ぎません。

会長はまさに呼称で、社長を退き就任する立場として使われたり、組織上の名称として社長の上に置いた立場であったりと社内の考え方の違いで権限や立場などがとても不鮮明な立場に当たるかも知れません。
経営を行う立場として経営者とも呼ぶことがありますが、こちらもどちらかといえば事業を行う立場に立つ人としてのニュアンスが強く、この中では取締役が近く、また彼らを取りまとめる代表取締役の方がさらに近いかも知れません。
一般的に会社というのは、資本金や株式の保有数を尺度に支配力を表すことが出来ます。

またそれらによって集められた資金を使って、事業の展開を計画し実行することが出来る立場も大きな存在です。

 

さらには社内の従業員として方針に則り日々の業務を行うことも不可欠で、彼らを監督しまとめることも立場としては欠かせません。

 

呼び名の違いと役割

経営に関したこれらの言葉は、どんな立場として役割を担い関わるのかに違いがあるのです。

ただ一般的にはとても似た言葉として耳にしたり口にしていて、その違いを知ることも少ないかも知れません。

しかしいまさら聞けない経営に関する言葉ですが、その意味の違いを理解することで、経営に対する興味や関心を持てるようになります。

サムライコンサル塾

コメントを残す