あえて効率を悪くして成功する成功事例

ファンケルは化粧品で成功した会社ですが、顧客のニーズをとらえて、ニーズのある商品を開発、販売して成功した会社です。

成功の方程式を実例を交えてみていきましょう。

 

サムライコンサル塾

 

商品の発見

ファンケルの創業者、池森賢二氏は37歳で脱サラしましたが、事業に失敗しています。

ちなみに、2000万円近い負債を負ったと言います。

 

その後サラリーマンではなく、兄のクリーニング店を手伝い、外回りを担当しました。

2年半で借金を返したと言います。

クリーニング店と会社経営

外回りをしているときに、多くの女性と出会います。

ここで、化粧品による肌トラブルに悩む女性が多いことを知ります。

 

そこで、「肌トラブルのない化粧品」の開発に進みます。

 

 

1980年(43歳)の時に24万円でファンケル化粧品を設立します。



 

化粧品の通信販売なので、通常で考えるのならば、量を多くして、数回送る分を1回にして送料を減らそうと考えます。

ところが、ファンケルは商品を見ました。

化粧品の肌トラブルの多くは、添加物あることを突き止め、添加物を排除しました。

 

そこで、逆に便を小さくして、5mlだけしか入らないものを採用しました。

1週間で使い切る化粧品を言うこれまでにない価値を作りました。

 

肌トラブルを抱えた女性に口コミで広まり成功しています。

 

その後、囲い込んだ顧客が健康志向の高い女性だと分かっていたので、化粧品のさらなる商品追加や、食品に展開させていきました。

「発芽米」も大ヒットして、会社はさらに成長しています。



 

最近では、女性の悩みを次々解決するような商品に取り組んでいて、便秘解消のためのサプリメントなども扱っています。



ファンケルの成長はまだまだ続くと思われます。

 

 

サムライコンサル塾

コメントを残す