【顔の向きだけで相手を信用させる】脳の方向と顔の関係を知ることで信用されやすくする

人の顔は左右で非対称となっています。

あなたも鏡をみながら半分ずつ見てみると、自分の顔でも左右が非対称であることに気づかされます。

会社経営者は、知っている人、知らない人、意識している人、無意識の人、おられるでしょうが、この心理を利用しているのです。

あなたが経営者であろうが、経営者を目指しているだけだろうと、知っておくだけでいざというとき役に立ちます。

 

サムライコンサル塾

 

人の顔と脳のつながり

まずは、人の顔の左右と脳のつながりを確認しておきましょう。

右側の顔は、知性を司る左脳と連動しています。

理知的でシャープな印象を与えます。

顔と脳は右と左が逆に連動しているのです。

脳の動きと会社経営

 

顔の左側は、感情が出やすい方向です。

相手に対して親しみを感じさせる方向なのです。

左側の顔は、右側の脳とつながっています。

 

顔の使い分け実例

顔の右側は、シャープで知的。

右側は、軟らかくて親しみやすい。

これだけ覚えたら実際に使い分けをしてみましょう。

 

会社で部下を注意したり、叱ったりする場面があるでしょう。

そんな時は、びしっと決める必要があります。

シャープな右側の顔が相手に向くようにして話をします。

 

叱った後にフォローを入れるときなど、温情的な話をするときや、部下を飲みにつれておく時など、左側の顔で親しみやすさを感じさせます。

顔の方向と会社経営

 

商談などで信用を得たい時は、右の顔。

自分を知ってもらいたい時は左の顔。

 

男と接するときは、右の顔。

女性を口説くときは、左の顔。

 

男性と並ぶときは、相手の左側に付きます。

女性と並ぶときは、相手の右側に付きます。

 

このように、場面に応じて、得たい結果に応じて、顔の左右を使い分けてください。

 

サムライコンサル塾

コメントを残す