【経営者必見】経営戦略とは何か

経営理念、ビジョン、会社方針、DNA、経営戦略、経営戦術、など似たような言葉はたくさんあります。

実は、言葉はそんなに重要ではありませんが、それが何を示しているのか内容の部分は知っておくべきです。

それは、会社が判断に困ったとき、どう判断するかを決める礎になるからです。

今回は、「経営戦略」について、お知らせします。

 

サムライコンサル塾

 

経営戦略とは

経営戦略とは、「経営」+「戦略」と2つの言葉からなります。

「経営」とついているからには、ビジネス上の話と言えます。

重要なのは、「戦術」の方です。

 

元々、軍事用語で「勝つための大局的方策」と言う意味です。

組織の長期的な目的、目標を達成するための方針、計画です。

 

経営方針が会社の存在意義であり、存在理由であり、不変の物でした。

それを実現するための方向性が「経営ビジョン」です。

そして、そのビジョンを具体的に実現するのが「経営戦略」と言えます。

 

経営理念

経営ビジョン

経営戦略

 

と言う構図です。

 

 

それぞれの具体例

例えば、お好み焼き屋さんの経営方針、ビジョン、経営戦略、について考えてみましょう。

 

経営理念 ⇒ 家族が喜んで団らんできるために

↑経営理念を実現するために・・・

経営ビジョン ⇒ お好み焼き業界で地域トップを目指す

↑経営ビジョンを実現するために・・・

経営戦略 ⇒ 家族連れで来やすいように、低価格商品をラインナップする

会社経営とお好み焼き

こんな感じです。

 

経営理念が「家族が喜んで団らんできるために」だとしたら、お好み焼き屋である必要はないのです。

ところが、経営ビジョンで「お好み焼き業界で地域トップを目指す」して、方向性を決めているので、経営戦略は「低価格商品をラインナップする」となっているわけです。

 

ターゲットを「家族連れ」としているので、高級志向などは会社の方針として間違っているのです。

安心な材料を使うは、方針としてあっています。

このように、会社の判断基準となります。

 

そして、経営戦略は経営資源をどう分配するかを決めることだと言えます。

 

経営資源とは

経営資源とは、人、もの、金、知識、ノウハウ、技術、ブランド、信用、これらを言います。

小さな会社では、全員で全力~となるのでしょうが、お金を使って、人を増やすのも戦略です。

お金を使わずに人はそのままで効率よく仕事を進めることも戦略です。

 

人、もの、金、知識、ノウハウ、技術、ブランド、信用、これらをどう割り振りするかを決めるのが、経営戦略と言えます。

社内の資源が足りない場合は、外から調達します。

 

人を雇う。

物を買う。

お金を借りる。

ノウハウを蓄積する。

派遣で外部のノウハウを取り入れる。

M&Aでノウハウを持っている会社を買う。

自社ブランドの価値を高める。

 

こういった方法を取るのが具体的な戦術と言えます。

戦術と言っても、戦争で軍事的に戦うのではなく、ビジネス上での戦術、だから経営戦術なのです。

 

サムライコンサル塾

コメントを残す