【経営者必見】社員のやる気を維持させる方法

人の興味は約1か月間しか持続しません。

これは脳がそのようにできているからだと言われています。

しかし、会社において、1か月で飽きてしまわれては困ります。

どうすれば、社員のやる気を維持させることができるのでしょうか?

こちらでお知らせしています。

 

サムライコンサル塾

 

モチベーションとは

モチベーションとは「目的達成のための高レベルの努力を行おうとする個人の意思」です。

 

モチベーションとは、自分の気持ちだけです。

「モチベーション」と「やる気」はほとんど同じ意味です。

 

これを高いままに維持させる方法として、「インセンティブ」です。

インセンティブはやる気を変化させる要因となります。

欲求と会社経営

インセンティブの例としては、以下のようなものがあります。

 

  • 成功報酬
  • 昇格
  • 昇給
  • 表彰
  • 名誉

 

ただし、インセンティブだけでは、やる気は維持できません。

例えるならば、のどが渇いていない馬に水を飲ませることができる馬養はいません。

 

人の欲求を理解する

会社経営者が人をコントロールするときは、人の欲求について知っておく必要があります。

マズローは人の欲求を5段階に定義しました。

 

  人の「欲しい」には段階がある

 

自己実現欲求

承認、尊重の欲求

帰属、愛情の欲求

安全欲求

生理学的欲求

 

こんな感じです。

上に行くほど高度な欲求で、下に行くほど人間の原始的な欲求です。

 

人間は、欲し続ける生き物です。

そして、下のレベルの欲求が100%満たされなくても、欲求は上の次元の欲求を求め続けます。

インセンティブと会社経営

人のモチベーションの源

社員のモチベーションの源を提供したり、刺激してあげることで社員はいつでも全力で意欲的に頑張り続けます。

では、どんなことが、モチベーションにつながるのか、具体例を挙げてみます。

 

  • 自分を成長させたい
  • 目標を達成したい
  • 競争相手に勝ちたい
  • 褒められたい
  • 周囲に褒められたい

 

この辺りについての動きをした時にインセンティブを得られるようにしたら、社員のやる気は維持され続けます。

社内の表彰などもこういった意味があるのです。

 

 

サムライコンサル塾

コメントを残す