【経営者必見】内部統制の必要性とは

企業経営において、内部統制が必要だと言われますが、具体的にどうして必要なのでしょうか?

費用も掛かる訳です。

ないならない方が良さそうですが、わざわざ費用をかけて監査と内部統制を行います。

その理由をお知らせします。

 

サムライコンサル塾

 

内部統制の目的

会社に働いている人が経営者で一人だけの場合は、自分のことだけを考えていればいいわけです。

自分がまっとうな商売をしていれば、何の問題もありません。

 

ところが、2人以上になった場合は、経営者の考えが100%全体に伝わることはなくなります。

経営者の知らないところで不正が行われたりすることがあります。

 

「社員を信じているから」は大前提として、放置していたら何でもよくなってくるのが人間です。

 

定期的にチェックして、必要に応じて正す必要があります。

そのチェック機構が「監査」であり、正す工程が「内部統制」だと言えます。

 

内部統制は「PDCA」サイクルの全ての要素を含んでいます。

一方で、内部監査は「C」の部分だけを示しています。

シンプルな資料で見える化

サムライコンサル塾

コメントを残す