【経営者必見】会社組織の設計方法

会社の目標ともいうべき「経営戦略」。

その戦略を実現するための武器ともいえる「経営戦術」。

この経営戦略を実現するための方法、組織の設計方法をお知らせします。

 

サムライコンサル塾

 

経営戦略を実現するには

経営戦略とは、目標のようなものと考えてください。

詳しくは、サイト内の「検索」から「経営戦略」と入れて検索して頂ければ、経営戦略については詳しくお知らせしています。

 

ここでは、その経営戦略を実現するための方法をお知らせしています。

別のページで、経営戦略を実現するためには、組織を作ることをお知らせしました。

チャンドラーの考えに基づいています。

 

そして、組織を作るとき、何に基づいて考え、組織を作ったらいいのか知っておく必要があります。

いわば、組織の設計です。

 

組織の設計

組織を設計するときに考えるべきことは以下です。

 

組織の各部署の配置を決める。

各部署のミッション、責任、権限を明確にする。

 

組織の機能、商品(または、サービス)、地域(または、地区)、顧客などについても明確にしておく必要があります。

市場と会社経営

組織の運用に必要な物

組織を実際に運用するときに必要な物があります。

 

  • 規定(ガイドライン)
  • 意思決定の手順
  • 指揮命令系統の整備
  • 情報伝達方法
  • 部署、チーム個人の実績の評価方法
  • 人事制度(採用、教育・訓練、評価、昇格、降格)

 

これらは、相互に重複する部分もありますが、それぞれを明確にして、組織内に伝達しておく必要があります。

ルールだけ決めて、それを誰にも知らせていない場合、当然そのルールは活かされず、組織も期待した動きをしてくれません。

 

誰からの命令を聞いて、誰には命令を出すと言うのも決めておかないと、声が大きい人のいう方向に進んでしまい、組織として、進むべき方向に進まなくなってしまいます。

進めばいいと言う訳ではない、と言うことです。

サムライコンサル塾

コメントを残す