【経営者必見】会社の支配方法の3つとは

会社において経営者は、事実上の支配者と言えます。

ただし、実際には社員がついてきていないことがあります。

社員がそれぞれ違う方向を見ていて、経営者(社長)が大きな声で方向を決めることが少なくありません。

経営者が従業員を支配しているタイプには3種類あります。

その特徴などについてお知らせします。

 

サムライコンサル塾

 

支配方法3つ

経営者が会社や従業員を支配している方法は、次の3つです。

 

  1. カリスマ的支配
  2. 伝統的支配
  3. 合法的支配

 

カリスマ的支配

カリスマ的支配とは、経営者のカリスマ性によって人が集まっている場合です。

ヒトラーや織田信長などが例として挙げられますが、絶対的な存在感により、良くも悪くも人が集まっている状態です。

カリスマ性と会社経営

従業員は社長の方を見て、社長の進む方向についていきます。

比較的コントロールしやすく、予想外の事態は起きにくいです。

 

伝統的支配

親が社長なので、子はそれを引き継いで社長、と言う例です。

世襲制なので、他が疑問を持つまで血縁関係がある人などが経営者になり、主要なポジションはその関係者で抑えられてしまいます。

仕事を任せる

合法的支配

正しく公平な方法で次の経営者や上司を選出した方法です。

カリスマ性や世襲制と違って組織の多くの人が望んで選出された人なので、多くの人が合法的支配の支配者と同じ方向を見ています。

 

そこには「自分が選んだのだから」と言う自主性、主体性が含まれているからと言えます。

 

サムライコンサル塾

コメントを残す