【経営者必見】企業のビジョンと価値観について

よくビジョンを持つ、とか言われます。

「ビジョン」とは具体的に言うと何でしょう。

意外とざっくりとしてしか考えておらず、具体的なイメージを持っておられない方がおられます。

人間理解できていないものは、実現できません。

ここでマスターしておいてください。

 

サムライコンサル塾

 

企業のビジョンとは

「企業のビジョン」とは、会社がある、より具体的なあるべき姿を現します。

到達したい将来像でもあります。

目指すべきゴールでもあるのですが、最終的なゴールと言うよりは、中間的なゴールと言えます。

効率化と会社経営

最終的なゴールとは、経営理念であり、社是なのです。

ビジョンとは、経営理念をもう少し具体的に示したものと言えます。

 

経営理念

経営ビジョン

経営戦略

 

のような関係となっています。

経営理念は会社が存在する究極的な理由、存在理由です。

 

これはある意味ざっくりしています。

そこで、どういった方向性を取るのかを決めたのが、ビジョンです。

 

具体的にどこを目指すのかと言うものです。

例えば、業界のリーダーになる、とか。

業界のトップになるとか。

 

それは、知名度なのか、売上なのか、利益なのかはわかりません。

でも、何かでリーダーになるとか、トップになるとか、そう言った具体的な進むべき道を示したのがビジョンです。

 

もちろん、ビジョンの中に社員のことを言っている企業もあります。

健やかに働ける、とか。

具体的な日時が切ってあることもあります。

 

いつまでに、何をする、とか。

いつまでに、どういった状態になっておく、とかです。

 

経営理念とは、概念や、哲学的なものです。

その具体的な方向性を示したのが、ビジョンとなります。

社長の仕事

そのビジョンを実現するための具体的な手段が「経営戦略」となります。

段階によって、指し示すものが微妙に違うのです。

 

これは、どんな社員でも会社と同じ方向を見て、会社の進むべき方向を進めるようになっています。

それが「価値観」だと思います。

 

会社が良いと言っている「価値観」を、社員が到底受け入れられない場合は会社を辞めるしかありません。

会社はどういった方向で進めているか、進んでいるかが経営理念で示されています。

 

それと同じ価値観、似た価値観、同じ方向を見ることがその会社で働く最低条件だと言えます。

 

ビジョンと似た言葉

似た言葉もあります。

「社風」だったり、「企業のDNA」だったり、ビジョンに似た言葉があります。

これらは似ているようで、微妙に違うのが伝わるでしょうか。

 

社風とは、もちろん経営理念があり、それを実現するものなのですが、現状どういった状態なのかが「社風」だと言えます。

「経営理念に背く」も社風でしょうし、「経営理念を忠実に目指す」も社風だと言えます。

その他、社風とは、風通しがいいと言うような言われ方もあります。

 

言いたいことが気軽に言え、重要な情報は隠されず広く社員に行き渡っている、と言うイメージでしょうか。

それはそれで害があるのですが、それは別の機械でお知らせします。

 

社風にも似ているのですが「企業DNA」と言うのも経営理念、創業者の思いと言えます。

 

 

 

サムライコンサル塾

コメントを残す