【経営者必見】マーケティングの役割を正しく理解する

巷では「マーケティング」と言う言葉を聞きます。

顧客の集まり、お客さんの集まり、だと思っている経営者の方も少なくないです。

ところが、マーケティングとは顧客の集まりとは限らないのです。

正しく理解することで、新しい活路を見いだせるかもしれませんよ。

以下で詳しくマーケティングについてお知らせします。

 

サムライコンサル塾

 

マーケティングとは

まずは、マーケティングの定義から確認したいと思います。

 

マーケティングの定義は、「人や企業などが価値のあるものを生み出し、市場で交換、取引を行って自らのニーズや欲求を満たすものを手に入れると言うすべてのプロセスのこと」です。

ちなみに、市場がない場合は、作り出す場合も含まれます。

 

マーケティングは「お客さんの集まり」だけではなく、「売り手の集まり」もマーケティングなのです。

例えば、企業の購買担当が、売り手を調査して必要なものを希望する価格で調達する行為もマーケティングになるのです。

マーケティングと会社経営

マーケティングの5つの考え方

マーケティングには、5つの考え方があります。

種類 基本的な考え方
生産コンセプト 価格が手ごろ
商品コンセプト 品質が高い
販売コンセプト プロモーションが重要
マーケティング・コンセプト 買い手のニーズや要求を満たす
ソサイエタル・マーケティング・コンセプト 社会的幸福を維持・向上させる

 

生産コンセプトは、安かろう、悪かろう・・・になりがちです。

成功する考えには、なかなかならないのです。

 

商品コンセプトは、例えるならば「ガラケー」です。

最近では、フューチャーフォンともいうみたいです。

要するに、機能が多すぎて、高品質すぎて、ユーザーの多くがそのすべての機能を使い切ってはないと言うことです。

ガラケーと会社経営

 

販売コンセプトは、プロモーションが重要なものです。

通常の商品は、買い手から嫌われることが多いです。

 

 

成功する考え方は、「マーケティング・コンセプト」です。

これは顧客のニーズを調べ上げて、それにマッチした商品を開発・生産して、市場に投入する考え方です。

 

最後は、社会の幸福を満たす考えで、マーケティング・コンセプトのさらに上、難しいところを目指す考え方です。

これにより、顧客は自分の欲求を満たすだけでなく、社会貢献ができると言う満足度もプラスされます。

 

ニーズと欲求の違い

さて、ここで、「ニーズ」と「欲求」について考えてみます。

ニーズと欲求・・・言葉が似ている気がします。

もしかしたら、英語が「ニーズ」で日本語で言ったら「欲求」なのかもしれません。

 

ただし、経済や、会社経営の世界では、ニーズと欲求は別のものと考えられています。

 

ニーズとは、「欠乏を感じている状態」を指しています。

単にお腹がすいている、みたいな状態です。

そこに何が食べたいと言う具体性はありません。

漠然と「スマホが欲しい」もニーズです。

 

欲求とは、ニーズがさらに具体化した状態で、上の例で言うならば、「ラーメンが食べたい」とか「カレーが食べたい」と言う具体的なものを欲している状態です。

スマホがニーズならば、欲求は「iPhoneが欲しい」と具体的な機種が出てきます。

「Androidが欲しい」でもいいわけです。

どちらもスマホですので、漠然としている状態は「ニーズ」。

そのニーズにこたえる具体的な対象は、「欲求」です。

 

市場のとらえ方も重要なので、こちらでお知らせしますね。

 市場を正しくとらえる

 

サムライコンサル塾

コメントを残す