【経営者必見】○○をすると税金を納めなくてよくなる方法

会社経営をしていると、税金の重さを痛切に感じると思います。

「税金がなかったら・・・」と多くの経営者は考えるのでしょうが、脱税は犯罪です。

今回は、会社経営がうまくいかなかった経営者さんを救済する意味での情報をお知らせします。

超現実的な方法ですので、どの税理士さんも、どの税務署も教えてくれません。

こっそりご覧ください。

 

サムライコンサル塾

 

会社休業

会社は休業届を出すことで、休業状態と認められます。

休業になると、収益活動もしてはいけないので、収益はゼロです。

収益がゼロなら、税金もゼロです。

 

じゃあこれでいいじゃない・・・とそうはいきません。

日本の税金では、市民税があります。

法人として存在し続ける以上、1円も稼がなかったとしても毎年7万円必要です。

会社経営とポジショニング

売上がないのに会社を休業にして存続させる理由

売上がないのだから会社は休業など中途半端なことをせず、倒産させてしまえばいいと思えます。

しかし、実際には休業の会社は多いです。

それはなぜか?

 

ポイントとしては、「税金」です。

 

赤字で休業した状態にしたとします。

赤字分は2年間持ち越せるのです。

例えば、1000万円の赤字で会社が休業したとします。

 

1年空けて、1000万円の売上が上がったとします。

当然税金が発生します。

ところが、先にお知らせした1000万円の赤字が効いてきます。

 

今年の+1000万円と、2年前の-1000万円で合計したらゼロ。

つまり、税金もゼロにできる、と言う訳です。

会社経営者は忙しい

法律的にどうなのか

法律的には、会社が存在する限り税金を納める必要があります。

最低でも年7万円が必要です。

法律的にはそれが事実で、それが全てです。

 

実際はどうなのか

実際には、無い袖は振れないのです。

税務署に正直に話して払えないことを言うと、免除してもらえます。

 

その時、売り上げがあったり、収益活動があったりしたら、当然ダメです。

少なくとも結果として見えていたらダメです。

 

うまく説明して免除してもらいましょう。

 

サムライコンサル塾

コメントを残す