【会社経営者必見】社員は社員じゃないかもしれない!?

あなたは、その会社の社員ですか?

その会社に勤めている人ならば、当然のように「はい」と答えるでしょう。

ところが、「会社法」では、その会社に勤めている人のことを社員と呼んではいないのです。

どういうことなのか?

あなたは実は社員ではないかもしれないのです。

 

サムライコンサル塾

 

あなたは社員ではないかもしれない

もう、同じ会社に10年勤めているから、俺には関係ない・・・

そんな話ではないのです。

市場と会社経営

「会社法」で定める社員とは、「株式を所有している人」のことです。

つまり、「株主」のことを「社員」と定義しています。

 

では、いわゆる社員は?

「従業員」と呼ばれます。

何年働いているとか関係ないのです。

 

ただし、ずっと務めることで持ち株制度などあると思います。

あれで1株でも持っているようだったら、間違いなく「社員」です。

 

サムライコンサル塾

コメントを残す