【会社経営者必見】会社書類の会計の種類とは

会社を経営する上で会計書類は、好きでも嫌いでも作成しないといけません。

基本的に1つあればいいのですが、実際にはそれだけではわからないこともあります。

そのため、3種類、4種類の会計書類を作成している会社もあり、効率化と見える化の板ばさみ的な頭の痛いところでもあります。

 

まずは、何があって、どのように違うのかから見ていきましょう。

 

サムライコンサル塾

 

会計は大きく分けて2つ

一口に会計と言っても、会計は大きく分けて2つあります。

会社経営と会計

「制度会計」と「管理会計」の2つです。

 

制度会計とは法律に基づいて作られる会計、帳簿のことを言います。

管理会計とは、経営上必要な情報が見れるようになっている会計、帳簿のことを言います。

話題になったドラッカーのマネジメントなどは、こちらの管理会計のことです。

市場と会社経営

日本とアメリカでは法律が違うので、そのまま適用すると2重管理となり手間が増えると言う難点があります。

何事にも利点と短点があるものです。

 

 

法律に基づいた「制度会計」も、2つに分けられます。

「財務会計」と「税務会計」がそれです。

 

財務会計とは、株主に向けて情報を公開するときに必要な情報が盛り込まれています。

会社は景気が悪いよりは、良い方が評価が良くなるので、売り上げなどの数字は高い方が会社経営者にとってうれしいものとなります。

B/S(バランスシート)などが含まれます。

 

逆に、税務会計とは、税金を払うときに算出根拠となるものです。

会社経営者にとっては、数字が悪い方が納める税金の金額が安くなるので、嬉しい結果となります。

 

確かに事実は一つです。

ただし、人の希望は全く逆です。

その気持ちがどれだけ数字に影響するのか・・・

 

具体的な例を挙げて説明するのは難しい問題と言えます。

しかし、事実として数字は変わります。

管理の目的が違うので、どの項目に、どの金額を入れるか、と言うもの違うのですが、まとめ方の部分を考慮しても結果に違いが出てしまいます。

 

 

サムライコンサル塾

コメントを残す