【会社経営者必見】もう一つの資金調達の方法、社債とは

会社が資金調達をする場合、大きく分けて2つの方法があります。

1つは直接金融。

これは簡単に言うと株を発行して、それを買ってもらう方法です。

直接があるのだから、間接もあります。

これは銀行などからお金を借りる方法です。

 

それ以外に資金を調達する方法があるのです。

それを今回はお知らせします。

 

サムライコンサル塾

 

会社が資金調達をするもう一つの方法

会社が資金調達をするとき、株を発行する以外の方法として「社債」を発行する方法があります。

 

社債とは、要するに会社の借金です。

社債とは、借金の証書のようなものです。

資金調達はできますが、返す必要が出てきます。

会社経営と社債

取締役会で決定すれば社債を発行することができます。

新株予約券付社債になることもあり、株価が上がる場合と、上がらない場合によって、少しややこしくなってしまいます。

基本的には、借りたお金は返す必要があるので、むやみやたらに社債を発行したらいいと言う訳ではないことも覚えておいてください。

 

 

サムライコンサル塾

コメントを残す