【会社経営のノウハウ】会社を安定させるには営業の強化をするべき

会社経営を初めて経験する会社経営者さんに、まず何が必要かと問われたら、あえて「営業」だとお知らせしたいです。

その理由について以下にお知らせします。

 

サムライコンサル塾

 

会社経営者に営業が必要な理由

会社経営者に必要なものは、色々あります。

最初に何が必要かと考えると、人によっては私と違う意見を出すかもしれません。

しかし、あえてお知らせしたいです。

 

会社経営の経験が浅い経営者さんには、営業が必要だと言いたいです。

その一番の理由は「会社の安定」です。

 

商品は、今の時代他社に比べて2倍良いと言うことはほとんどありません。

ところが、営業力と言うのは、会社ごとに大きく違います。

 

逆に言うと、どんなに優れた商品やサービスでも営業力がないとお客さんに知ってもらうことすらできないのです。

営業力さえあれば、お客さんにその商品のことを知ってもらうことができ、商品を買ってもらうことができます。

そうすることで、収益を上げ、お金を社内に持ってくることができます。

 

お金がないと会社は何もできません。

 

もちろん、知恵や努力で何とかできる部分もあります。

ところが、それには、時間がかかるのです。

ぼやぼやしていたら、お金が無くなって会社自体がなくなってしまいかねないのが創業時です。

 

できるだけ早く、大きなお金を得る必要があります。

会社において重要なもの

そういった意味で、まず最初に「営業」と言うことになります。

 

次に必要なものは「人材」

営業は自分一人でもできます。

会社経営者が営業に強ければそれに越したことはありません。

 

ところが、何でもかんでも会社経営者がやってしまったら、時間がたりないのです。

そこで、社長の代わりに営業ができる人間が必要です。

 

そういった意味で「人材」は重要です。

人は、お金やコネで探しても見つかるとは限りません。

原則課税を考えると会社経営が有利になる

場を管理する能力、営業が必要な時は、しっかりと営業ができる人。

そんなスーパーマンみたいな人がいたらとても助かります。

だいたいのものは、お金で何とかなるのですが、どうにもならないのは「人」、「人材」と言えます。

 

 

サムライコンサル塾

コメントを残す