「うさぎとかめ」に学ぶ目標設定の重要性

「うさぎとかめ」のお話をご存知ですか?

うさぎがかめに負けるはずがないと、ゴール寸前で眠り込んでしまいカメに負けると言うストーリーです。

慢心はダメだよ、と言う教訓を残してくれています。

ところが、ほとんどの方が「負けた原因」を間違ています。

ぜひご確認いただき、今後に生かしてください。

サムライコンサル塾

 

うさぎが負けた本当の理由

うさぎがかめに負けた本当の理由は「目標設定を間違えた」ことです。

うさぎとかめ

 

かめは「ゴールする」と言うことを目標に設定しました。

ゴールは動きませんので、「絶対的目標」と言えます。

ちなみに、うさぎの最高時速は70~80km/hと言われています。

人間ではまず追いつけないスピードです。

 

一方、うさぎは「かめに負けない」と言うことを目標に設定しました。

かめは動きますので、「相対的目標」と言えます。

ちなみに、かめの最高時速は500m/hくらいです。

 

なんと最大160倍もうさぎの方が速いことになります。

明らかにうさぎの方がスペックが高いと言えます。

 

 

うさぎとかめの心理

かめはスタートした瞬間からゴールする瞬間まで目標は達成していないので頑張り続けます。

一方、うさぎはスタート直後に目標が達成してしまいます。

スタートダッシュでうさぎがかめに負けるとは思えませんので。

 

うさぎはゴールが目前になるまでずっと目標は達成したままでした。

その時間が長ければ長いほど感覚が麻痺してきます。

 

 

そして、うさぎは「ゴールすること」を目標に設定していないので、ゴール目前で眠り込むと言う痛恨のミスをしてしまいます。

スタート直後から目標が達成され続けていたうさぎと、達成されていない状態が続いたかめの違いです。

 

何が悪かったのか

先にお知らせしたようにうさぎは「目標設定を間違えていた」と言えます。

目標を正しく設定したら、目標達成条件を設定すべきでした。

付け加えるならば、そこまでの距離(全貌)を把握すること。

 

 

ビジネスに置き換えてみる

ビジネスでも同じです。

仕事が順調に進んでいたらそれで安心する方がおられます。

 

きちんとゴールと言える「目標の設定」を行い、目標達成条件を明確に設定します。

日々のトラブルがないからと言って慢心してはいけないのです。

目標は「トラブルがないこと」ではないからです。

 

ここを間違えてしまって、あとになって「何が悪かったのだろう」と悔やむ会社経営者がおられます。

スタートから間違えていた、と言うか、スタート前に既に間違えていたのです。

 

うさぎとかめの物語を知っていて、漠然と教訓は理解しているのに、現実の目の前のことにそれを置き換えられない。

イメージ不足かもしれません。

 

それを気付いて、指摘してあげるのがコンサルの仕事なのだと思います。

うまくいかないとき、コンサルに頼むか、コンサルのノウハウを盗むのが良いと思います。

 

⇒ 会社経営コンサルのノウハウを盗む

 

サムライコンサル塾

コメントを残す